電波品質を測るSNRとは?

無線LAN環境の品質が良いか、悪いかを判断する基準にSNRという測定値があります。

RSSI(受信信号強度)が強いからと言って、無線の品質が良いとは限りません。

何故なら、無線電波環境はノイズの影響を受けやすいからです。

RSSI(受信信号強度)とノイズ強度を考慮して無線電波の品質を測定した値をSNRと言います。

 

SNRの算出方法

SNRは、RSSI(受信信号強度)からノイズの値を引いた値を指します。

SNR
 SNR = RSSI(受信信号強度) ー ノイズ強度 

たとえば、無線クライアントデバイスが -75dBm の信号を受信し、ノイズが ー90dBm であった場合、SNRは15dB(ー75ー(-90))です。

※SNRは dBm ではなく dB と表記されます。

つまり、SNRの値が大きければ大きいほど電波品質が良い、ということになります。

 

 

ノイズが多いとどうなるか?

ノイズとは自分以外の無線電波や外来波を指します。

受信する電波信号がノイズの干渉を受けると、データは破損しやすくなり、再送信が発生してしまいます。

無線LAN環境の場合、データフレームを送信したら必ずACKフレームが返ってくるのを待つという特徴があります。

データフレームの損失などの原因によりACKフレームが受信できなかった場合、データフレームを再送信します。

再送信が多発すると無線LAN環境全体のスループットとレイテンシに悪影響を及ぼします。

MEMO
法人向けの無線アクセスポイントの中にはノイズの状況を可視化できるスペクトラムアナライザ機能を実装したものもあります。これにより、どのチャネル上でノイズが多発しているかどうかを判断できるため、より精度の高いチャネル調整が可能となります。

 

SNR値の目安

ではSNRの値がどれくらい必要なのでしょうか?

一般的にデータネットワークには、SNR値が20dB以上の信号を推奨します。

音声アプリケーションのような高い品質を求める様なネットワークでは、25dB以上のSNR値が推奨されます。

実環境では、SNR値が15dBを下回ると無線接続が切れてしまうことが多いです。

 

SNR値が低いときに考えられる原因

無線電波の品質を示すSNR値が低いときに考えられる原因は以下の通りです。

  • カバレッジエリアから離れすぎて受信信号強度(RSSI)が弱い。
  • 遮蔽物によって受信信号強度(RSSI)が減衰している。
  • ほかの無線アクセスポイントによって干渉している。
  • 無線アクセスポイント以外の機器によって干渉している。

 

 

コメントを残す