法人企業向けの無線LAN環境ではチャネルボンディングを使わない

802.11nから無線LANの高速化技術「チャネルボンディング」が実装されています。

複数のチャネルを束ねることによって通信速度を大幅に向上させる技術です。

通常、20MHzの帯域幅を40MHz、80MHzとチャネルを倍々に束ねることで通信速度を向上させます。

記事執筆の時点で最新の802.11ac Wave2 規格では、160MHzボンディングまでサポートしています。

但し、チャネルボンディング技術はアクセスポイント側だけでなく、クライアント側もサポートしていないと効果は得られません

例えば、40MHzのチャネルボンディングまでしかサポートしていなかったり、80MHzのチャネルボンディンまでサポートしていたり、とクライアントの環境にも依存します。

 

法人企業向けの無線LAN環境でチャネルボンディングは使用しない

しかし、チャネルボンディングは通信速度を向上させる反面、チャネルを複数消費してしまうという重大な欠点があります

同時に複数チャネルを使うということは利用できるチャネルがその分、減ってしまうことを意味します。

以下の表は、5GHz帯で使えるチャネルの数を表したものです。

チャネルボンディング 使えるチャネル数
20MHz 19
 40MHz 9
 80MHz 4
 160MHz 2

 

法人企業向けのように複数のアクセスポイントを設置する様な無線LAN環境では、隣接するアクセスポイント間でチャネルが重ならないようにセル設計します。

チャネルが重複してしまうと干渉が発生し、無線LAN環境のパフォーマンスが大幅に低下してしまいます。

そのため、法人企業向けの無線LAN環境ではチャネルボンディングを使用せず、20MHzで設計することが一般的です。

但し、高密度な環境でどうしてもキャパシティをオーバーしそうなエリアだけに関しては、周りのチャネルと重ならないように考慮したうえでチャネルボンディングの実装を検討すると良いでしょう。

MEMO
一般家庭の様にアクセスポイントが1台しか無いような環境であれば、特にチャネルの数は考えなくても良いです。通信速度が大幅に向上するチャネルボンディングは非常に有効なソリューションとなります。但し、自社で設置したアクセスポイント以外の無線電波と干渉していしまう恐れがあるということも考慮しておきましょう

コメントを残す